iPhone修理の方法や内容について知ろう

電子機器

自分で修理をする手もある

iphoneは修理キットなどがたくさん販売されているので、自分で修理を行うことは難しくありません。ですが、修理をするにはiphone内部に関する知識がないといけません。配線などを間違ってしまうだけで、取り返しのつかないことになってしまう恐れがあります。比較的安めで販売されている修理キットに惑わされないようにしましょう。

修理はプロに任せよう

iphoneやパソコン修理など精密機械を直すには、相当量の知識が必要になります。なので、間違った修理方法やコードの繋ぎ方をしてしまうと、最悪爆発する危険性もあります。自分で修理するより少し料金は高くなりますが、専門の修理業者を利用しましょう。また、修理料金が掛からないように普段から壊さないよう丁寧に扱うのも大切です。修理業者は全国にたくさんありますが、大宮にもあります。

iPhone修理を正規店と非正規店で比べてみた

正規店で修理した場合

appleの正規プロバイダである修理店は、applecareという保証を使用することで、修理料金を割引することが出来ます。ですが、保証が使えない場合は、修理料金が高めになっています。また、正規店は混んでいることが多く、修理に時間が必要となります。長い時では、修理の待ち時間で半日以上を使うこともあります。

非正規店で修理した場合

正規店に比べると、修理料金が安い傾向にあります。また、修理に掛かる時間が短く、早い時だと30分程度で終わることもあります。非正規店は故障した場所別に修理することが可能なので、修理料金を最小限に抑えることが出来ます。ですが、applecareに入っていても保証がきかないので割引されることはありません。

applecareに入っているかいないかで選ぼう

iphone購入時に入ることの出来るapplecareは、必ず入らないといけないものではありません。なので、入っている方もいない方もいます。また保証期間は2年と決められているので、2年を過ぎている場合は保証対象になりません。保証を受けられない方は、非正規店で修理することをおすすめします。保証を受けられる間は、正規店で修理した方がお得でしょう。

iphoneで多い修理ランキング

no.1

1.液晶割れ

液晶割れは、スマホを使用している以上もはや宿命と言ってもいいでしょう。ふと手から滑り落ちただけで割れてしまうことも少なくありません。最近ではガラスフィルムや衝撃吸収カバーなどで、液晶割れを予防するグッズが増えていますが、割れる時は割れます。他の修理に比べてもかなり件数が多い修理です。

no.2

2.バッテリー交換

バッテリーは、使用していると満充電からの使用時間が減ってしまいます。充電した回数や、普段の使用方法などで消耗具合が変わります。Iphoneを長い時間使用したい方におすすめです。消耗品なので、バッテリーの容量が減っていくのは仕方がありません。数年に一度定期的に交換しましょう。液晶割れと同じくらい修理件数が多いです。

no.3

3.水没修理

iphone7より前に発売されているモデルは、防水対応していません。なので、誤って水に濡らしてしまった場合に電源が入らないなどの不具合が起こってしまいます。水没してしまった場合、データが消えてしまう恐れがあるので、定期的にバックアップをとっておくといいでしょう。

no.4

4.ホームボタンの不具合

iphoneはホームボタンをよく使います。力の強い親指でおすことが多いので、普段から不可が掛かっています。症状が進行していくと、ホームボタンが効かなくなってしまいます。ホームボタンを使わなくてもいい機能もありますが、やはりホームボタンが使えないのは不便なので修理する方がいます。

no.5

5.充電修理

iphoneは充電に関する修理が多いです。充電が出来ないと、使用できないので早急に修理する必要があります。主にiphone中央下部にあるコネクタ部分の接触不良などが原因だと考えられます。普段から充電する際にケーブルを雑に抜き差ししていると壊れてしまう可能性があるので、気をつけましょう。

広告募集中