パソコン修理の流れや修理方法を確認しよう

パソコン修理を自分で行うのは危険!修理業者に依頼しよう

壊れたパソコン

パソコンは精密機器なので、一か所壊れてしまうと正常に動作しないだけでなく、他の場所を壊す場合もあります。なので、パソコンの動作に異常が出た場合は、出来るだけ早く修理した方がいいでしょう。ここからは、パソコン修理を依頼する時の流れを一緒に見ていきましょう。

パソコン修理の流れ

問い合わせ

まずは、利用する業者に問い合わせをしてパソコン修理をお願いしたいということを伝えましょう。電話で行うことも可能ですが、メールで行うことも可能です。問い合わせの時に、修理に掛かりそうな費用の見積もりを取る日程を決めます。自分の都合の合う日に依頼しましょう。その後、査定員が見積もりを出すために訪問します。

見積もり

訪問してきた査定員が、パソコンの様子を見て故障の原因を予想します。故障の修理に掛かる費用を見積もります。その後、査定員は一旦帰ります。修理をするか検討して依頼する場合は、再び業者へ連絡をして修理依頼をします。作業日も見積もりの時と同じように自分で選べます。作業日になるとスタッフが修理をしに来ます。

修理

パソコンに詳しい修理スタッフが、修理を行います。パソコンの故障は数十分で直る場合もあれば、数時間かかることもあるので、しばらく待つこともあります。作業の内容を説明しながら修理してくれます。修理が完了すると、一緒にパソコンを見て問題がないことを確認します。これで修理が終了となり、料金の支払いとなります。

パソコン修理の流れや修理方法を確認しよう

パソコン

パソコン修理の危険性

パソコン修理には専門的知識が必要不可欠です。なので、自分で修理をしようとしても上手く直らない場合が多いです。また、修理に慣れていないと、他のパーツを壊してしまったり、ばらしたパーツを元に戻せなかったりとさまざまなリスクが生じます。パソコン修理に関する知識がない場合は、修理業者に依頼した方がいいでしょう。

修理でデータは消えるのか

パソコンの中にあるデータは、HDDまたはSSDというパーツに保存されていることがほとんどです。なので、この部分が壊れていなければ基本的にデータが消えることはないでしょう。ですが、修理には何があるか分からないので他の場所を修理していてもデータが消える可能性は0ではありません。またHDDは壊れやすいパーツのひとつなので、消えてほしくない重要なデータは複数のバックアップを取っておきましょう。

修理の方法

パソコン修理には、修理スタッフが自宅やオフィスなどのパソコンがある場所に出向くこともありますが、他にも修理方法があります。業者にパソコンを送って、直してもらい、再び送ってもらう修理方法もあります。パソコンの修理を依頼したいけどまとまった時間が取れないという忙しい方におすすめの修理方法です。

広告募集中